全身脱毛

「男なのに…はナンセンス」30代の私がメンズ全身脱毛を始めた理由

「男性も脱毛をするんですね」「なんで全身脱毛まで?」

2018年からヒゲ脱毛を始めてそのメリットを実感し、さらに2020年11月には全身脱毛を始めたわたし。

全身脱毛を始める、始めた旨を友人や知人に話すと、上のような反応をされることがあったので、今回は改めて、30代の医療ライター・ショウブ(@freemediwriter)が全身脱毛を始めた理由を紹介します。

結論から話すと下の3つです。

  • 毛のない肌を「美しい」と思うから
  • 時代のニーズを踏まえて読者の役に立ちたいから
  • 医療ライターの活動に生かしたいから

それぞれ、説明していきますね。

毛のない肌を美しいと思うから

わたしは、自分の肌に毛が生えているよりも、生えていない状態を「美しい」と感じます。

ヒゲ脱毛の経験を重ねるにつれて、口周りの青さやくすみが消え、きれいになっていく…。

その様を見るのが好きなんですね。

【男の全身脱毛】1回目から効果大、3カ月後までの画像付き体験談男の全身脱毛1回目。湘南美容クリニックでの施術の模様と効果について、医療ライターの庄部が写真付きでレポートします。...

上の記事に載せた通り、わたしにはすねやわきなど全身でも部位によって毛の濃いところがあるので、それらの毛も減らして、自分の肌がツルツルになるのを見たい。

多くの男性は体毛が生えている部位を人に見られる機会は少ないでしょう。

わたしも日常的にはそうなので、言ってみれば全身脱毛を行うのは自分の美意識ゆえです。

きれいになった自分の肌を自分で見て、いい気持になりたい。これが大きい。

「男なのに」はナンセンスな発想

「男なのに全身脱毛までするなんて…」「男らしくない。気持ち悪い」

こう思う人がいるかもしれません。

人がどう思うかは自由なので、かりにそんな人がいたとしてそれだけで好悪の感情は持たないと思いますが、わたしの価値観から言えば、こういった考えは今の時代に即していないと思います。

今は人々の価値観や考え方が多様化していて、「男とは」「女とは」という共通認識が働きづらい世の中になっているのではないでしょうか。

これは、さまざまなことが便利な時代になったこと、全体的にフェアネスが向上したこと、男女の役割の固定化が解消されつつあること――などが影響しているのではないかと思うのですが、そんななかで前時代的な男性像や女性像に固執するのはいかがかと。

わたしにも少なからずそんなところはあると思うのであまり大きなことは言えませんが、少なくとも脱毛について「男なのに」というのはナンセンスだと思います。

読者の役に立ちたいから

脱毛を始め、メンズ美容の利用者が増えていますね

美容医療を提供する医療機関を取材すると、総じてこんなことが聞かれます。脱毛の施術を受ける10代の学生、シミを消したい70代の男性…。

利用者の年齢層も意外と広い印象で、医療ライターとしての取材や患者としての体験を重ねた結果、メンズ美容はこれからますますニーズが高まる分野だとわたしは考えています。

価値観の多様化とジェンダーレス化の進展を背景に、医療技術の進歩もあいまってそうなるだろうと思うんですね。

すると、メンズ美容に関する「誠実で」「リアルな」情報のニーズも増えると思われます

既に現在、インターネット上には美容医療に関する情報が豊富に載っていますが、その多くが利用者を獲得したい医療機関のホームページやオウンドメディア、あるいは仲介手数料を得たいアフィリエイターが運営するメディアやブログだとわたしは感じています。

つまり、発信側の属性から、自己本位の情報が載りやすい構図になっているのではないでしょうか。

一方で、読者の中には、「事実を伏せない」「表現が過剰でない」「メリットだけでなくデメリットもちゃんと載っている」といった、等身大かつリアルな情報を求める人もいるでしょう。

そんな状況下で、わたしの書く記事が役に立てばうれしいなと。

わたしもアフィリエイトサービスを利用していますが、ブログ運営においては稼ぐことを最優先にしていません。

フリーランスという経済的に不安定になりやすい身の上ではあるものの、わたしの本業はライターです。

ライターだけの仕事で食うに困らないほどの収入を得ているので、アフィリエイト収入を得ようと躍起になり、広い意味での“嘘”を書く必要はないんですね。

加えて、実名・顔出しをしやすいこともわたしの特徴だと思います。

会社員の場合、自分の本名を明かした上で、自分の姿の写真を載せつつ美容医療の結果をネットに公開できる人は少ないでしょう。

その点、わたしは誰にどう思われても構いませんから載せられます。

全身脱毛の結果を紹介するために、自分のわきや乳首の写真を公開することに抵抗感がなかったと言えば嘘になりますが、それよりも「読者に面白いと思ってもらいたい」という気持ちの方が強い。

ライターの活動に生かしたいから

医療ライターとしての活動に生かしたい思いもあります。

わたしは2016年の独立後、2020年12月までに医師や歯科医師を始め550人以上の医療関係者を取材してきました(仕事の内容については下記事参照)。

医療ライターとは?医療者500人を取材したライターが語る仕事内容

その中で、美容医療を提供する医師に話を聞くこともあります。

やはり患者として施術を受けておくと質問に深みが出ると思いますし、取材先の安心材料にもなり得るのではないでしょうか。

美容医療を問わず、広く医療を患者として経験することはわたしのライフワークですから、全身脱毛の施術を受けることもその一つであるわけです。

医療ライター庄部勇太の取材ノート

こちらのサイトでは、胃や大腸の内視鏡検査、脂漏性皮膚炎の治療、シミ取りレーザーの治療など種々の「医療体験」をテーマの一つとして記事を書いています。

まとめ

ヒゲ脱毛、全身脱毛をする男性は増えていくでしょう。

脱毛以外に、シミ取り、シワ取り、AGA、埋没法での二重整形も同様で、男性でもこれらを行うことが取り立てて特別ではなく、羞恥心を感じずに人に話せるようになっていくのではないかと思いますし、またそんな時代になってほしいと思います。

さまざまな選択肢や可能性があることが大切だと思うからです。

わたし自身、脱毛を進めつつ、順次、関心のある美容医療を受けていく予定です。

その一つとして実践したシミ取りレーザーの体験記事もよく読まれています。

【写真付】30代男がシミ取りレーザーの効果をレポ【1カ月後まで】

医療ライターの庄部(@freemediwriter)でした。

多くの場合、美容医療を提供する医療機関では無料でカウンセリングを行っています。わたしが通っている湘南美容クリニックでもそうです。

湘南美容クリニック・脱毛ページ

 

関連記事

関係者30人を取材した記者が提案「ヒゲ脱毛お勧めクリニック」比較ヒゲ脱毛を全国展開する「湘南美容クリニック」「ゴリラクリニック」「メンズリゼ」の中でどれがお勧めか、体験取材を続ける医療ライターが患者のタイプ別に提案します。...

医療ライターお勧めスキンケア本レビュー【美容常識の9割はウソ】